So-net無料ブログ作成

続・秋田の紅葉。 [季節の花]

秋田の紅葉が想像以上に素晴らしかったので、これまで載せきれなかったものをいくつか。

これはアスピーテラインの途中にある「曽利ノ滝」です。


「安の滝」へ向かう遊歩道の途中です。


「安の滝」のすぐ左側の山。箱庭みたいでした。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

秋、秋田の滝。 [遊山遊滝]


紅葉の時期に森吉山の3つの滝を巡るのは念願でした。
去年は近くの宿が満室で断念した経験もあり、今年は1ヶ月以上前から準備しました。
これは今回のハイライト「安の滝」。天気も紅葉も完璧。見事な滝でした。
たくさんのカメラマンにまじっていろんな角度から撮りまくりました。

 別角度からの「安の滝」。




前日は立又渓谷を歩く。
ここには一の滝、二の滝、幸兵衛滝と3本の滝があります。
これは最初に現れる「一の滝」。
小雨が降る中撮影。


歩き始めて約1時間、最後に現れる「幸兵衛滝」。
しばらく霧で何も見えなかったのですが、やはり山の天気は変わりやすい。
霧がすっかり消え、ところどころに晴れ間も出てきました。
ここも素晴らしい紅葉。滝の落差は100m以上あるらしいです。



これは秋田に着いた日に訪れた「桃洞の滝」です。
駐車場から約1時間、道は緩やかで歩きやすいのですが、最後に川を渡る難所がありました。
裸足になって渡る人もいればあらかじめ長靴で来ている人も。
わたしは帰ってくる人からスーパーの袋をもらって靴にかぶせて渡りました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

はちまんてぇ。 [名水名湯]

「八幡平」=「はちまんてぇ」。
宿泊した彩雲荘の人が正しい発音を教えてくれました。

標高1400メートルにあるこの彩雲荘は、ほとんど山小屋みたいな宿でした。
電気は自家発電。地上波テレビも圏外で、映るのはBSテレビだけ。
地元のニュースは見られないくせに、MLBは見られるなんて、ある意味スゴイわね。

この宿のお風呂がまたスゴイ。
素朴な湯船になみなみと白濁の湯があふれて、ほんとうにいいお湯です。
ただし、お湯の温度調整とかは、まったくありません。自然におまかせ。
夜、入ったときはすごく熱かったのに、朝はめちゃめちゃ冷たくなってました。
(理由→夜中に降った雨)
混浴の露天にPM8時頃入ったら真っ暗で何も見えないしー。
かなり秘湯好きな女子でないと苦しいかもですが、温泉好きには◎な宿だと思います。

八幡平の紅葉は山頂付近は終わり気味でしたが、アスピーテラインを少し下ったあたりは
紅葉真っ盛り!でした。

                             大沼

 玉川温泉付近


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

絶景の乗鞍エコーライン。 [季節の花]

三本滝からバスで乗鞍エコーラインを上り、乗鞍岳山頂へ。
山頂は深い霧で何も見えなかったが、天候回復を信じてエコーラインを歩くことにした。
濃霧と寒さに耐えながら、撮影開始。

肩ノ小屋口バス停から20分ほど下ったころ、ようやく霧が晴れ、山肌が見えてきた。
このあたりは森林限界よりも高所なので、岩の間にハイマツ、ナナカマド、ダケカンバが
生えている。
ナナカマドの赤とダケカンバの黄が、ハイマツの緑によく映えて、なんとも色鮮やか。

さらに下るとカメラマンが急に増えた。撮影の定番ポイントに来たようだ。
なるほど、確かに、いちばん乗鞍らしい景色。

                

         

位ヶ原山荘で昼食をとって、まだまだ下る。
冷泉小屋を過ぎたあたりでようやく青空が見えてきた。
ここまで下ると、上のほうとは木の種類も変わり、普通の山のような景色が続く。

5時間かけて三本滝まで下りてきたころには、エコーラインが上のほうまで見渡せた。
もう少し早く晴れてくれればもっと良かったが、まぁよしとしよう。

最後に車で一ノ瀬園地へ。
こちらは紅葉はまだだと思ったが、意外に色づいていた。
まいめ池の周りは、白樺の金とウルシの赤がとても綺麗だった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

三本滝。 [遊山遊滝]

車で乗鞍岳の紅葉を見に行った。
三本滝を訪れるのは2回目。
雨がやみそうでやまない。
だが、霧の中の滝はなかなか幻想的でよかった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。