So-net無料ブログ作成

五能線のたび② [鉄旅(関東以外)]

五能線5.JPG
2日めPM。

これは深浦-広戸間をゆくリゾート列車「橅(ブナ)」です。
このポイントには先客が一人。朝からずっと線路沿いを歩いていたおじさんでした。
うん、たしかにここはいいポイントだわね。


五能線6.JPG
行合崎と呼ばれる岬から撮った「くまげら」。ここも深浦-広戸の間にあります。
いろんな角度から撮影できるお気に入りのポイントになりました。3本撮影。
もう少し早い時期だとニッコウキスゲの群生が見られるそうな。

結局、リゾート列車の3タイプを無事制覇しましたが、マイベストはこの「くまげら」でしょうか。
カラーリングが夏の太陽みたいで、可愛い。


五能線7.JPG
3日め。
十二湖駅のそばの「ガンガラ穴」という景勝地です。
朝食前と後、合計3本撮影。
海のなかから撮ってるような写真を目指しました。(クジラ目線?)

今回、三日間とも、晴れそうで晴れない微妙な天気だったのが、ちと惜しかったですねぇ。
いつかコバルトブルーの海を撮ってみたいものです。&、夕焼けも。

nice!(0)  コメント(0) 

五能線のたび① [鉄旅(関東以外)]

出発してから約6時間、ようやく弘前に到着。今回の撮り鉄がはじまりました。
青森県の川部ってとこから秋田県の東能代まで、日本海に沿って走る五能線!!
東北ぽいローカル線としてもすばらしいのですが、モダンなデザインのリゾート列車も走っており、
大人気の路線だそうです。



五能線1.JPG
初日の夕方。
藤崎駅そばの岩木山バックのカーブへ行ったのですが、雲で岩木山がほとんど見えず、
残念な感じの写真しか撮れませんでした(泣)。

夕刻近くなってきたため、次に狙っていたポイントも見送り、そばの鶴泊駅で撮ることに。
駅に到着する下りの普通列車です。
結局、岩木山にかかった雲はずっと途切れませんでした。


五能線2.JPG
2日目AM。
驫木駅(とどろきえき)。有名な木造の駅舎と、普通列車です。
ここはすぐそばが海で、夕日がきれいなことでも有名な駅です。


五能線3.JPG
これは驫木-追良瀬間にある崖の上から。海岸線をゆくリゾート列車「青池」です。
このポイント、しばらく誰も来てないのでしょうか、まったく道のない雑木林の中、
腰まである雑草を掻き分けて、やっとこさたどり着くことができました。


五能線4.JPG
午前ラストは追良瀬-広戸間の高台から。
防砂林のムコウは海、手前は田んぼ。
田んぼの中に建つ小屋と一本の木がアクセントになってくれました。

<②へつづく>
nice!(0)  コメント(0) 

ガンダム日和。 [文化面]

等身大ガンダムです。
細かいディテールまでよくできていてびっくり。
羽田に着陸する飛行機が近くを飛んでるんだけど、空からも見えるのかなあ。

ガンダム2.JPG


ガンダム1.JPG


ガンダム3.JPG
nice!(0)  コメント(2) 

中根にて。~ひたちなか海浜鉄道~ [鉄旅(関東)]

このところ休みの日がずっと雨や曇りで、鉄不足でした。
いきなり梅雨明けとなり、待ちに待った撮り鉄に出かけました。
半年ぶり、3回目のひたちなか海浜鉄道(湊線)です。
今回は中根駅周辺のみ。上下8本撮影してきました。

中根1.JPG

高台にある畑からのプチ俯瞰です。
中根駅に向かう下り車両が一面の緑の中を走っていきます。
ほとんど人も車も通らず、この景色を独占状態でした。


中根2.JPG

これは中根-金上間にて。
小さな森の中から出てきた下りです。


中根3.JPG

今回のテーマは「一面の緑」でした。
平日の日中はこの車両のみの運行ですが、満足のいく風景が撮れました。
この線はわりと本数も多いのでおすすめです。また来よう。

nice!(0)  コメント(2) 

夏は新しくなる。 [やさい畑]

DSC02346.JPG

夏の野菜がワンサカ採れてます。
毎年おなじようで、去年とも一昨年ともちがう、野菜の顔。


DSC02348.JPG

ジャガイモは、ひとまずキタアカリのほうだけ収穫しました。
このキタアカリという品種、茹でると黄色くてホックホクになるので、
ジャガバターにすると最高に美味しいです。


今年はなぜか、ズッキーニちゃんが不調。
あんまり多く採れすぎても困るんですが、少ないとそれはそれで寂しいですね。

nice!(0)  コメント(0) 

たしかな宝物。 [スペシャル]

TVXQ MIRROR.JPG

行ってきました、
東方神起 4th LIVE TOUR 2009 ~The Secret Code~ FINAL in TOKYO DOME。
(画像はツアーグッズの携帯ミラー)

ユンホ君のかっこよすぎるダンスに3回ほど失神しかけ、
ジュンス君の熱のこもった歌声にどっぷりと酔いしれ。
ピアノの弾き語りや、ソロコーナーなどの心憎い演出もあって、
まるで龍宮城に行ったかのような、夢心地の3時間半でした。

ジュンス君の歌の何が素敵かって、体全体、全身全霊で歌うところですねー。
尾崎豊とか吉田美和ちゃんに勝るとも劣らない、心にひびく歌唱。
カリスマといわれてる理由がよーくわかりました。

ありがとう東方神起。
私も君たちを「いーつーまーでーもー みーまーもーるーよー」☆☆☆


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。