So-net無料ブログ作成

有楽町で300系。 [鉄旅(関東)]

3月16日に引退する300系新幹線。
記念?ステッカー付きの車両が走るというので有楽町まで行ってみました。

300kei1.JPG
交通会館のテラスにて。
ここは誰でも入れるのですごい数のカメラマンが線路側にズラリ。
なんとか隙間に入らせてもらい通過を待ちます。
そしてやってきたのぞみ343(12:20東京発)。
通過時のシャッター音のすごいこと。

300kei2.JPG



300kei3.JPG
のぞみ371(15:13東京発)は別のポイントへ。
有楽町イトシア4Fにあるレストランのテラス席へ行ってみました。
有料なのにここも鉄ちゃん(年齢層高め)でほぼ満席。
店内で普通に食事している方々はさぞかしびっくりしたでしょう。
でもここはいいなぁ。お茶しながら撮り鉄ができるなんて。
ほとんどが700系だけど次々にやってきます。

思えば富士川鉄橋ではじめて新幹線を撮影したときは300系ばかりだったなぁ。
ラストラン当日は仕事が休みなので見送りに行ってこようかな。

nice!(0)  コメント(0) 

アラウンドびわこ③ ~ヴォーリズ~ [文化面]

琵琶湖周辺の予習をしていて、どうしても伺いたくなったのが、
W・M・ヴォーリズさんの建てた建築の数々です。
我家は空前のレトロ鉄ブームを迎えている(!)ので、明治~昭和初期のレトロ建築に
目が向くのも自然の成り行きといえましょう。ププッ


vories1.JPG

京都は三条通にレトロビルヂングがたくさんありますが、それらを改めて見学した後、
御池通を少し上がって、こちらの御幸町教会へ(大正2年、煉瓦造)。

和風住宅や旅館が並ぶ界隈にひっそりと経つ煉瓦の教会・・・
京都はこれだからフシギですよねぇ。
そしてこのアーチ型の縦長の窓。素敵です。


vories2.jpg

翌日、京阪電車に乗って訪れたのがこちら堅田教会(昭和5年、木造)。
御幸町教会とくらべるとこじんまりとしているのですが、煉瓦の門柱、屋根と窓の
デザインが可愛らしく、まるで絵本にでてくる教会のよう。


そして、バスと電車を乗り継ぎ、いよいよヴォーリズのお膝元、近江八幡へ。
またレンタサイクル借りちゃいました。


vories3.jpg

池田町の洋風住宅街。道路から何軒か見学したのですが、この煙突のある家が
いちばん可愛いかった。
こんな素敵な家に住んでいるのは、きっと素敵なご婦人なんだろうな・・・


vories4.JPG

つづいて旧ヴォーリズ邸(昭和6年、木造)。
教会とか他人の家はすごく立派に造っているのに、ご自身の家は意外に地味なのね。
でも白木の窓や、木の門扉と煉瓦門柱の組み合わせ、すばらしかった!


ヴォーリズさんは近江兄弟社(メンタームでおなじみ)の創業者。
この旧宅の近くに近江兄弟社学園という私立学校があるのですが、
そこの古い校舎(ハイド記念館、昭和6年)や煉瓦の塀もとても素敵でした。


そしてそして、旧八幡郵便局(大正10年、木造)。

vories5.jpg

浅見光彦のドラマに出てきて、いつか見てみたいと思っていた建物です。
残念ながら中には入れなかったのですが、木枠の玄関扉はレトロ感満点。


ヴォーリズさんは独学で建築を学んだというからすごいですね。
きっと当時はアイドル的存在だったんだろうなぁ。
教会やミッションスクールから郵便局まで、日本人になじむ西洋建築をこれだけ数多く
残しているのはすごいなと思いました。


ヴォーリズも愛した琵琶湖畔の都、緑のきれいな季節にまたいつか訪れることができますように。



ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる

ヴォーリズ建築の100年―恵みの居場所をつくる

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0) 

アラウンドびわこ② ~京阪電鉄~ [鉄旅(関東以外)]

撮り鉄は初の京阪電鉄。その中でも大津線を乗り鉄しながら撮影しました。
ちょくちょくやってくるのでいいペースで撮れます。

keihan1.JPG
早朝、JR大津駅そばの上栄町-大谷間。
京都の東西線に乗り入れている京津線の4両編成の800系です。



keihan2.JPG
大津線でも石山坂本線は2両編成。
浜大津-三井寺間の路面電車区間です。
いろんなラッピングの車両があったけど、
古い町並みにはノーマルなこのカラーが一番ぴったりでした。



keihan3.JPG
同じく石山坂本線の穴太駅そば。
このあとの長い坂を下って浜大津を目指す車両です。



keihan4.jpg
浜大津まで戻ってきました。
駅そばのデッキの上から見た路面電車部分。
上下線が同時に来てくれました。



keihan5.jpg
浜大津-上栄町間の坂を上る車両。
こっちの京津線にも路面区間があります。
こんなに長い路面電車ははじめてでびっくり。

午前中いっぱい楽しんで近江八幡へ向かいました。

nice!(0)  コメント(0) 

アラウンドびわこ① ~レトロ駅舎~ [鉄旅(関東以外)]

京都&滋賀方面へ行ってきました。

3月で定期運用から外れる「急行きたぐに」に乗りたくて行ったのですが・・・
北陸地方が連日の大雪のため、あいにくの運休(泣)。
かなりへこみましたが、他の見所も盛り沢山、結局お腹いっぱいで帰ってきました。

滋賀県入りする前に大垣駅で途中下車。得意のレンタサイクル。
2時間の滞在で近くの木造駅を2つ見てしまおうという魂胆です。

stations6.jpg
一つめ、美濃赤坂駅。大垣から伸びている支線の終着駅です。
ほとんど建てられた当時のままであろう古い駅舎が残っていました。

大垣駅からここまで思ったより遠かったので次へ急ぐ。
あと40分で駅をもうひとつ見て大垣まで戻らなければ。



stations2.JPG
二つめ、養老鉄道の西大垣駅。
ずらりと並んだ木製のラッチ。とてもいい感じ。
ホーム側からも見たかったけど時間切れ。次なる訪問地・京都へ向かう。



stations3.JPG
京都では梅小路蒸気機関車館へ。鉄道遺産がたくさんありました。
二条駅の旧駅舎が移築され展示館になっていました。
ホーム側の窓とベンチ。こじゃれたアンティーク家具のように素敵です。



stations7.jpg
扇形の車庫にはSLがずらっと19両も!! 触れます。乗れます。
パッと見、どれもスリーナインに見えるけど(笑)時代と型式の違う子たちです。
黒光りする車輪とか、運転席の円いメーターとか、製造会社のロゴとか、
そういうディテールがものすごくカッコイイ。


stations5.jpg
何台かは実際に動かしてくれます。
今日はこの8620形8630号機(と呼ぶらしい)でした。

鉄道の見学施設ははじめてだったのですが侮ってはいけませんね。
ああ、おもしろかった。


〈つづく〉


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。