So-net無料ブログ作成

鳥鉄三昧④ ~羽越本線ほか~ [鉄旅(関東以外)]

aki-yama1.jpg
今回の旅のはじまりは寝台特急「あけぼの」でした。
たぶん3回目。夏休みだからでしょうか、B寝台も満員です。
久しぶりの夜行。なんかいいねぇ。



aki-yama2.JPG
由利高原鉄道以外に撮ったそのほかのローカル線も。
鳥海山登山の帰りにたまたま見つけた羽越線のポイント。
小砂川駅近くの国道から、日本海をバックに快速「きらきらうえつ」。



aki-yama3.JPG
遊佐-吹浦間で念願の鳥海山バック。
羽越線の普通列車です。この日はずっと見えてました。



aki-yama4.JPG
羽越線の酒田から西には大好きなキハ40系も走ってます。
鶴岡駅そばの赤川にかかる鉄橋を行く新潟色。
うわぁ、しかも3連!!! 来てよかった!!



aki-yama5.JPG
ラストも羽越線。鶴岡-藤島間の田んぼで。(田んぼ好きなので)
今度は新旧新潟色の連結でした。

天気にも恵まれたいい旅だったなあ。
撮り鉄と山歩きがしばらくセットになりそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

鳥鉄三昧③ ~建築遺産~ [文化面]

鳥海山麓にもレトロ建築が意外にたくさんあったのでした。

由利鉄の沿線にある、旧鮎川小学校。
イチョウとサクラに囲まれてたたずむ小さな木造校舎が可愛い。
なかでもいちばん可愛いかったのは体育館です。
真っ白な窓枠がとてもきれい。

honjo2.JPG

honjo1.jpg


鳥海山に登った日の午後は、港町・酒田を初訪問しました。
ご存知おくりびとの舞台となった町です。
神戸や函館のようなハイカラさは無いけれど、民家も路地も
昭和の雰囲気を残していて、なかなか楽しそうな町でした。

sakata2.JPG
旧割烹小幡


sakata1.jpg
旧白崎医院

sakata3.JPG
日和山公園の灯台


この灯台は木造の灯台としては日本で一番古い部類らしいです。
いまは灯台としての役目はしていないけれど、
真っ白な六角形の姿は、夕陽を脇役にしてしまうほど美しかった!



3日日は鳥海山麓のお天気がいまひとつだったので鶴岡へ。
庄内地方のなかでも建築遺産が多く残っている町ということで、
レンタサイクルでざっくりと見物。
ひとつだけガチで見物したのがこちら、鶴岡カトリック教会です。


外壁が工事中で覆われていたので(最近どこへ行っても工事中なのよね・・・)
むしろ内部をよーく観察できました。
二階にあがる階段が螺旋階段になっていたり、フロアが畳敷きだったり。
窓のステンドグラスも一枚一枚、ちがう絵柄になっていて。
日本の古きよきカトリック教会という感じで、とてもよかったです。



tsuruoka1.JPG

tsuruoka2.jpg

tsuruoka3.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

鳥鉄三昧② ~由利高原鉄道~ [鉄旅(関東以外)]

夏のローカル線第1弾は、秋田県の由利高原鉄道。
ずっと気になっていた鳥海山の麓を走る第3セクターです。


yuri2.JPG
まず羽後本荘駅から黒沢駅まで乗り鉄。
駅の裏山にある野球場からの下り車両を俯瞰。
早朝ですが、すでに夏の強い日差し。いいお天気に感謝。
いったん羽後本荘駅に戻りレンタカーをピックアップ。



yuri3.JPG
田んぼの中にポツンとある曲沢駅。好みの駅です。
到着の時間までいろんな角度で駅を撮影。
上りの車両がやってきました。それにしても暑い。



yuri4.JPG
川辺-吉沢間の山の上から。
子吉川沿いをゆく上り車両です。いいなあ、この感じ。
雪の積もった真冬にもぜひ訪れたいポイントです。



yuri5.jpg
久保田-前郷間。
沿線は鳥海山バックのポイントがいくつもあるのですが、
この日は晴れているのに鳥海山は見えませんでした。



yuri6.JPG
ここも川辺-吉沢間。俯瞰したポイントを今度は反対側から。



yuri7.JPG
ラストは黒沢駅のホームから。
到着まで昼寝したり駅を撮影したりと時間が足りないくらい。
ホームにはきれいな季節の花がたくさん。

全長23km。
一日でたっぷりと楽しめるちょうどいいローカル線でした。

nice!(0)  コメント(0) 

鳥鉄三昧① ~鳥海山~ [遊山遊滝]

めずらしく1週間の休みが取れたので北東北までの夏旅を敢行。
目的は、秋田県と山形県にまたがる鳥海山と、その周辺のもろもろ!


鳥海山の標高は2236m。
今回は秋田県の象潟(きさかた)に前泊して車で登山口まで行き、そこから
鳥海山の七合目まで登ります。

〈コース〉
  鉾立登山口→賽の河原→御浜小屋→賽の河原→鉾立登山口



DSCN3453.jpg

8時、山歩き開始。
雨女の私にはありえないくらいの快晴で、山の稜線もくっきり見えます。
頂上は断崖絶壁!? 今回は頂上まで行く計画ではないけれど、手強そう・・・


DSCN3449.jpg

振り返ればどどーんと日本海!! 
羽後本荘から酒田までの海岸線が一望です。これぞバードビューという感じ。
内陸には田んぼの緑のパッチワークが広がっていました。

視界がずっとひらけているから、登り道も楽しく歩けますね。
そのかわり直射日光が照りつけるので思ったより暑い・・・

でも今回はちゃんとNargeneのボトルを凍らせてきたのでなんくるないさ~。
暑さと登りでしんどくなってきたとき、半解凍のお水の旨いことったら。


そんなこんなでしばらく登ると不意にニッコウキスゲが現れました。


DSCN3466.jpg

DSCN3465.jpg

おおお、鳥海山にキスゲが咲いてるなんて思いもよらなかった。
しかもめっちゃフォトジェニックな咲き具合。


ちろちろ水の湧き出しているこの辺りが賽の河原のようです。

DSCN3478.jpg

DSCN3475.jpg

DSCN3488.jpg

チングルマの群生があちこちに。果穂がゴールドに光って綺麗です。

ほかにもイワカガミやハクサンフウロ、ミヤマハマナス、コオニユリ、
チョウカイアザミなどなど、高山植物てんこもりでした~。


DSCN3499.jpg

10時過ぎ、御浜小屋到着。
着いたときにはガスがかかっていて、見えるはずの鳥海湖が見えなかったのですが、
おむすびを食べて休憩しているうちに、うっすらとガスの晴れる瞬間が。


想像していたコバルトブルー色ではなかったけれど、この辺りもお花がたくさん。
ほっこり気分で、来た道を下山しました。

なんだか鳥海山って、山の魅力がつまってる。
登山ルートもたくさんあるので、何度登っても、楽しめそう・・・


DSCN3503.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。