So-net無料ブログ作成

富山地方鉄道駅巡り② [鉄旅(関東以外)]

つづき、

toyama11.JPG
榎町をあとにし、1本撮り鉄するために田添駅で下車。
駅近くの車道から下り列車を撮影。
バックには立山連峰が望めるポイントなのですが・・・雲多し。



toyama12.JPG
立山線から本線に乗り換えるため、寺田駅で下車。
ここは一度冬の曇りの日にに訪ねたことがある。
やっぱり青空の下が一番。



toyama13.JPG
続いて西魚津駅。



toyama14.JPG
ここ西魚津駅は小さいながらとても気にいった。
ホームは上り、下りそれぞれにあり、もちろん木造。
屋根には蔦がからまり歴史を感じさせます。



toyama15.JPG
西魚津駅そばの農道で1枚撮り鉄も。
おや、西武鉄道で使われていたレッドアローだ。



toyama16.JPG
最後に訪ねたのは浜加積(はまかづみ)駅。
ここも古い木造駅舎がそのままでした。



toyama17.JPG
このあたりはJR(北陸本線)と線路が並走しています。
たまたまやって来た特急はくたか。
さあ、富山に戻って帰途につきます。
ああ長い一日だった。いいお天気に感謝。

nice!(0)  コメント(0) 

富山地方鉄道駅巡り① [鉄旅(関東以外)]

どこへ行こうか悩んだ末、以前行ってぜひもう一回と思っていた北陸富山へ。
目的の富山地方鉄道にはたくさんの木造駅舎がまだ残っています。
全部は見切れないため、いくつかピックアップ。
時刻表と格闘していざ出発。今回も夜行バスを使いました。
朝5:00すぎに到着。サウナでさっぱりして電鉄富山駅から乗り鉄です。


toyama1.JPG
開発(かいほつ)駅で下車。ホームには秋の花がいっぱい。
学生をたくさん乗せて出発する上りを見送ります。



toyama2.JPG
今回訪ねた駅ほとんどに木製のラッチが残ってました。



toyama3.JPG
次の下りでやってきたのは岩峅寺(いわくらじ)駅。
ほかの駅舎と違って堂々とした造りでした。青空によく映えます。



toyama4.JPG
うわぁ、ここはホームも素晴らしい!!
降りてみてよかったと心底感激。



toyama5.JPG
歩いてひとつ先の横江駅を目指したのですが遠くて断念。
結局また次の下りに乗りました。(横江の写真は割愛)
そのあいだに上りがやってきたため、駅の近くで撮影。



toyama6.JPG
横江駅を撮影して下段駅、榎町と着々と訪問。
ただフリー切符がないため、いちいち車内で支払わなければならず面倒。
しかも結構料金が高いので下段-榎町は歩きました。
この榎町駅はホームからの通路がよかった。



toyama7.JPG
榎町駅に到着する下りです。
この日はずっといいお天気&いい雲。来てよかった。

つづく。


nice!(0)  コメント(0) 

西桐生駅から銭湯へ。 [文化面]

ドライブがてら上毛電鉄の西桐生駅を訪問。


kiryu1.jpg
マンサード屋根が特徴的な洋風駅舎でした。



kiryu4.jpg
今は使っていない窓口もそのまま残っています。



kiryu2.jpg
駅の周辺をちょっとうろついたのですが、なかなか良い町でした。
桐生は繊維産業が盛んらしく、染織や刺繍用品といった看板が目につきます。
洋風建築やレトロな商店、銭湯など面白い建物がたくさんありました。
いつか半日くらいかけて探検せねば。



kiryu3.jpg
銭湯にもちゃぽん。館林の「松の湯」へ。
そばにあったもう一軒の「梅乃湯」と、かなり迷いました。
こぎれいにされており好印象。
佐野のアウトレットからも近いのでまた入りに行こうっと。



nice!(0)  コメント(0) 

柏山邸から銭湯へ。 [文化面]

大正末期の建築物が取り壊されるという新聞記事を目にし秋葉原へ。
万世橋のそばにある「柏山邸」という銅板家屋です。
今回は家主の柏山さんと地元関係者のご厚意により、建物の内部も
見学させていただけるそうです。ワクワク。


うわ、通りに入ったとたんに一目で分かる緑青のお屋敷。
古さのにじみ出た銅板の壁。とてもいい錆び具合だなぁ。
マンサード屋根も、左右対称でないところが逆に素敵です。

kashiyama1.jpg


1階はギャラリーのようになっていましたが、2階と3階は柏山さんの
御家族が住んでいらした昔のまま。
通りに面した窓からは万世橋駅の賑わいが望めたのでしょう。

kashiyama5.jpg


かわいらしい襖絵やレトロなランプも。
このランプ、これまで一度も点けたことがなかったそうです。

kashiyama2.jpg

kashiyama3.jpg

御家族の思い出まで分けてもらって本当に恐縮でした。
家屋とは、住人の生活感が染み込んでこそ熟成されていくものなのかも
しれません。



歩き回ったあとは御徒町の銭湯「燕湯」へ。
「お願いしまーす」。ちゃぽん。ふう。
ああ今日は東京下町の良さを満喫した一日だったな!

kashiyama4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

博多発レトロ鉄旅③ [鉄旅(関東以外)]

最終日。メインはJR山口線のSL(撮り鉄&乗り鉄)です。
朝からいいお天気で今日も暑くなりそう。


yamaguchi1.JPG
まず起点となる新山口駅のとなりにある四辻駅。
せっかくなので木造駅舎を見学に。



yamaguchi2.JPG
SLを撮り鉄するため新山口駅まで戻り、普通車両で先回りします。
この辺はキハ40系の天国でした!! 来る車両来る車両ぜんぶかわいい。
われわれは広島色のキハで徳佐駅まで乗り鉄します。



yamaguchi3.JPG
徳佐駅に着きました。跨線橋からキハを見送り。



yamaguchi4.jpg
徳佐駅にもいい感じの木造駅舎が残っていました。
ここから撮り鉄ポイントまで歩きます。


狙うは徳佐-船平山間のS字カーブ。
期待が高まる中、次々とファンが集まってきます。
ツーリング中のライダーに地元のちびっ子・・・ここだけで100人はいたかも。



yamaguchi5.jpg
うわぁ~来たっ~!! すさまじい黒い煙とともにやってきたC57「やまぐち号」。
あまりに興奮してなんだか分からないうちに通過。



yamaguchi6.JPG
タテもなんとか撮影。
以前見た上越線のSLとは比べものにならない。(全く無煙でした・・・)
煙の形といい走る姿といい、まさに貴婦人、これぞブラック・ビューティー[ぴかぴか(新しい)]


なかなか興奮がおさまらないわれわれ。しかし折り返しのSLに乗車するため先を急ぎます。


yamaguchi7.jpg
各駅で津和野までやって来ました。
SLの発車まで津和野のまちをうろつきます。


yamaguchi8.jpg
ホームで作業を見守り、いよいよ乗車です。



yamaguchi9.JPG
新山口駅まで約2時間、車窓を楽しみながらSLを満喫。
沿線には一体どれだけいるのか?というくらいの大勢のファンが。
これだけ豪快に何度も煙をあげてくれれば当然かも。
いやぁ、よかった。興奮をそのままに帰途についたのでありました。

nice!(0)  コメント(0) 

博多発レトロ鉄旅② [鉄旅(関東以外)]

2日目は博多駅から東へ向かいます。
北九州の木造駅舎を2つ見学して門司港からの関門海峡横断。
そのあと山陰本線の木造駅舎を目指す欲張りコースです。


shimoji1.JPG
まずは鹿児島本線の折尾駅。
駅周辺の高架化によって、近い将来取り壊し&移築が予定されており、
それまでにぜひ訪ねてみたかった駅です。



shimoji2.jpg
地下でホームを結ぶレンガ通路。
駅内部にはこれ以外にもレトロなものがたくさんありました。
ここで名物のかしわめしを購入してさらに東へ。



shimoji3.JPG
お昼すぎに門司港駅に到着。



shimoji4.JPG
噴水と青空に映える素晴らしい駅舎。おお~、感激!!
ここも秋には改修工事が始まるため、ぜひとも見ておきたかった駅です(大正3年築)。
それにしても見事なたたずまい。いいねぇ~。



shimoji10.jpg
ところどころ色が剥げているのが可愛い窓枠。
改修時にきっと塗りなおしてしまうのだろうなぁ。



shimoji6.jpg
門司駅の近くにはほかにも近代建築がたくさんありました。
これは旧大阪商船(大正6年築)。

このあと門司港からフェリーに乗って関門海峡を渡り、下関・唐戸港へ。
所要時間たったの5分!
名勝・巌流島がどれなのかわからないうちに唐戸港へ着いてしまいました。



shimoji7.JPG
下関・唐戸地区の洋風建築、秋田商会。
中は普通に畳の和室なので、外観とのギャップがありまくりでした。



shimoji8.JPG
夕方、下関駅から山陰本線を乗り鉄して特牛(こっとい)駅まで往復します。
ここにも素晴らしい木造駅舎が残っていました。
ホームまでの階段、すごくいい感じだなぁ。



shimoji9.JPG
特牛駅にやってくる広島色のキハ。これに乗って下関に戻りました。


3日目につづく・・・

nice!(0)  コメント(0) 

博多発レトロ鉄旅① [鉄旅(関東以外)]

夏の青春18きっぷは福岡、佐賀、山口です。
福岡帰省を利用して3日間乗り鉄&撮り鉄三昧でした。


kyushu1.JPG
起点となる博多駅はすごくきれいになっていてびっくり。
ちゃんと鉄道を楽しみに来たのははじめてなので、
ホームにいるいろんな車両にまたびっくり。
これは883系ソニック。はじめて遭遇しました。カッコイイなぁ。



kyushu2.JPG
で、最初はJR香椎線の海ノ中道-雁ノ巣間。
福岡市内からほど近いにもかかわらず、いまだに単線、非電化という路線。
もちろんキハ40系が走っています。
これは香椎色のキハ47。アクアライナーと呼ばれているそうです。



kyushu3.JPG
博多駅まで戻って次は筑肥線。佐賀県の木造駅舎をふたつ見てきました。
まずは厳木(きゅうらぎ)駅。



kyushu4.JPG
厳木駅に到着する下り車両。九州色のキハでした。
これに乗ってもうひとつの駅を目指します。



kyushu5.JPG
ずっと来てみたかった肥前長野駅。うわぁ、これはすごい。
かなり荒れた古い木造の駅舎が残っていました。
ホーム側はさらにひどく廃墟のようです。

kyushu6.JPG
でも掃除はされているようで、不快な感じは全くしません。
しばし雰囲気を味わって初日の旅は終了。帰途につきました。

つづく・・・

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。