So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の会津へ。 ~JR只見線~ [鉄旅(関東以外)]

秋のローカル線は3年ぶりの只見線
本数が少ないので朝4時起きで挑みます。
数年前の豪雨で今も全線復旧とはなってませんが、
会津若松から会津川口までを始発から一日行ったり来たり、
キハを追いかけ、いい撮り鉄でした。


tadami2.jpg
まずは7時台の上りを会津宮下-早戸間のスノーシェルター内から。
いい感じに紅葉してましたが、あいにくの雲り空。



tadami3.JPG
次の下りは会津水沼-会津中川間の土手から。
おお、タラコが先頭。3年前はなかった車両。



tadami4.JPG
午前中の最後は定番のポイント、会津桧原-会津西方の俯瞰。
このあとからしだいに晴れてきました。



tadami5.JPG
日帰り温泉や食事をはさんで午後の部。すっかりいいお天気に。
会津柳津-郷戸間にある円蔵寺の裏で上りを撮影。
円蔵寺の紅葉もなかなかでした。



tadami6.JPG
会津柳津-会津坂本間の国道から。



tadami7.JPG
ラストは塔寺-会津坂下間で。
探せば探すほど撮影ポイントが見つかる素晴らしい路線でした。
さあ長い帰路につきます。
nice!(0)  コメント(0) 

銭湯から根府川駅へ。 [鉄旅(関東)]

お昼過ぎに遅めの出発。
かなり久しぶりのロマンスカーで小田原駅へ。
目的の根府川駅に行く前にぜひ寄ってみたかった銭湯があります。


nebu4.JPG
中嶋湯です。
明るいうちに写真におさめたくて15:30の営業開始と同時に訪ねてみました。
うわぁ、なんというレトロな外観。これだけでも見れてよかった。
地元の方と一緒にちゃぽん。おじゃましました。



nebu2.JPG
今日は夕焼けがきれいだろうという予想で来てみましたが、
残念ながら雲が多くてあまり焼けず・・・



nebu5.JPG
ここには木造の素敵な跨線橋が今も残っています。
せっかく海のそばなので海の見えるところから。

さてそろそろ帰途へ。
nice!(0)  コメント(0) 

吾妻線と旧校舎。 [鉄旅(関東)]

野反湖のついでにお約束の撮り鉄はJR吾妻線。
ダムの建設により水没してしまう区間に来てみました。
いずれコースを変更した新しい線路での運行となる予定。
湖上第2橋というおそろしく高い橋の歩道から撮影。
(長野原草津口-川原湯温泉間)

gumma1.JPG
上りの特急草津号。



gumma2.JPG
湘南カラーの普通列車。ちょっと小さすぎか。
今度来るときにはもう見れない風景かもしれません。



gumma4.jpg
近くに残っていた古い校舎も見学。
旧岩島第二小学校。
校庭にとても大きな桜の木があります。



gumma5.jpg
旧岩島第一小学校。
ところどころ割れたガラスが郷愁を誘います。


nice!(0)  コメント(0) 

秋の野反湖。 [遊山遊滝]

DSC06839.JPG

群馬県六合村の野反湖全景です。
夏のノゾリキスゲを見に行きそびれたので、ずれずれで秋の山歩き。


車を降りると冷たい強風・・・しかもドン曇り。
雲が切れることを期待して、野反湖キャンプ場から歩き始めます。

DSCN3932.jpg

キャンプ場からみえる紅葉は赤が多くていい感じ。
テントを張ってキャンプしている人たちや、釣り人さんもいましたが、
思ったより人が少なくて、と~っても静かな湖畔です。

エビ山コースの登山道をぶるぶる震えながら登ること1時間。
ようやく雲が切れてきました~~。

DSC06802.JPG

DSCN3919.jpg

エビ山の頂上からは、野反湖の全景は見えなかったものの、
草津の温泉街や草津白根山のあたりが見渡せました。

木々の色づきはピーク前なのか・・・?
月初の台風で葉っぱがだいぶ落ちてしまっていたようです。
一面の黄色とまではいかなかったけど、白木が青空に映えて綺麗!


DSCN3920.jpg

頂上から沢のほうへ下る道は、急勾配でちょっとしんどかった・・・。
湖の向こうに見えるのは八間山という山ですが、あっちも湖の眺めが良さそう。


DSCN3934.jpg

下山して湖畔沿いの道から戻ってきました。
きらきらの湖を見ながら、道の駅で買った「六合ハム」のウィンナーをグリル♪


野反湖は二回目でしたが、季節がちがうとまたちがった雰囲気でよかったです~。



nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。