So-net無料ブログ作成
検索選択

梅の湯へ。  [文化面]

南千住からてくてく東浅草にある梅の湯へ。
年内いっぱいで廃業してしまうそうです。

umenoyu1.jpg
いつものように昭和レトロな建物ではないのですが、
周辺には渋い安ホテルがたくさんある通り沿いにありました。


umenoyu2.jpg
すごいお客さんの数でした。
いつもこんななら廃業しなくてもいいのに・・・

おそらく今年最後の公衆浴場。
10月からはじめた銭湯巡りは合計21か所。
来年はいくつ行けるかな。
nice!(0)  コメント(0) 

関東鉄道から銭湯へ。 [鉄旅(関東)]

関東鉄道(常総線)へ日帰りでちょっと。
ここにはまだ見たことないキハが運用されており、いつか来ようと思っていた。
2台あるキハ100形のうち、102号がそれ。
月曜、火曜のみ水海道-下館間を1往復しています。


kantetsu1.JPG
下妻で下車、大宝駅とのあいだをうろついてポイント探し。
この日は風が強く寒い・・・ ようやく下りの102号がやってきた。



kantetsu2.JPG
上りはこの区間の定番。筑波山バック。
今回はこの2本のみ。下妻に戻り終点の下館へ。



kantetsu3.JPG
最後は恒例の銭湯。
下館に1つしか残ってない銭湯「松の湯」。
ここは日、火、木がお休みというちょっと手強いところ。
やっててよかった。すごい温まった。
汗をふきふき駅までとぼとぼ夕暮れを歩く。
nice!(0)  コメント(0) 

上信電鉄から銭湯へ。 [鉄旅(関東)]

日帰りで群馬県は上州電鉄へ。
前から駅舎巡りをしたいと思っていた路線。
調べるといくつかの駅舎がすでに改修されており、
これは早く見ておかねばと出かけてきました。


joshin1.JPG
高崎からフリー切符を買って乗車。
最初は下仁田のひとつ手前の千平駅。
駅舎というより待合室だけの駅ですが、手書きの駅名がなんともいい味。



joshin2.JPG
上州七日市駅。
ここは最近?塗装を新しくしたようです。
民家が隣接されているような変わったつくり。
駅内部はすごくきれいにされていました。



joshin3.JPG
そして吉井駅。
ここは駅員が常駐しているのですが古いまま残っていました。
地方の私鉄という言葉がぴったりです。


今回は撮り鉄はいっさいせず高崎へ戻り銭湯巡りへ。
よさげだった「支店湯」はすでに廃業とのことで、
第二候補の「和倉湯」へ向かったのですがなんとここも廃業・・・でした。

joshin4.JPG
そしてたどり着いたのは「滝の湯」。
うわぁ、なんと哀愁を帯びたたたずまい。来てよかった。
もちろん内部も素晴らしく渋い。



joshin5.JPG
せっかくなのでもうひとつ。浅草湯へ。
浴室に熱帯魚のいる大きな水槽がある変わったつくりでした。
脱衣所にはストーブがあってポカポカ。
そばで新聞を読んでいた女将さんに挨拶して帰途に着く。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。