So-net無料ブログ作成

がっつり岡山③ [鉄旅(関東以外)]

津山の宿は駅の真横でした。


okaa.JPG
うわぁ、キハ40系がたくさん。
夜、役目を終えた車両が次々と集まってきました。
あす撮り鉄する津山線の車両のようです。
因美線や姫新線の車両も次々やってきてずっと窓にかじりつきでした。



okab.jpg
そして最終日。
駅には扇形車庫があるそうなので朝出発前に見てきました。
はじめて見る岡山色のキハも。うれしくなる光景でした。



okac.JPG
岡山駅を目指して津山線に沿って南下していきます。
津山線はわりと本数が多いので撮り鉄もできるのです。
小原-誕生寺間の小さな踏切で。1本山桜が満開でした。



okad.jpg
福渡-建部間の旭川で。
岡山色とタラコ色のコンビがやってきました。わーい。



okae.jpg
木造駅舎巡りも最後。建部駅。
手書きの駅名看板がいい味を出しています。



okaf.JPG
ドライブ中に見つけた野々口-牧山間の築堤で後追い。
ヘッドマーク付きの車両でした。



okag.JPG
岡山駅到着後は路面電車(岡山電気軌道)を見学。
この3010号が引退するとのことで追いかけてみました。
昔の塗装に戻されたそうです。
折角なので何駅か乗ってみたところ内部もすごくレトロでよかった。



okah.JPG
有名なレトロ建築、禁酒会館の前で。


3日間、お腹いっぱいの岡山がっつり旅でした。

nice!(0)  コメント(0) 

がっつり岡山② [鉄旅(関東以外)]


二日目は乗り鉄から。

oka02.jpg
新見駅から伯備線で方谷駅へ。
ここにも登録文化財になっている木造駅舎があります。
車寄せの柱が洋風。なんとも味わいあるつくりでした。



oka03.JPG
新見駅まで戻り、ワゴンRに乗り換えて伯備線を北上。
伯備線は本数が多いので撮り鉄も。新郷-足立間。
特急やくもがカーブをやってきました。



oka04.jpg
姫新線を東へ、津山を目指しながら駅巡りを続けます。
岩山駅。ホーム側も古いままなのが素晴らしい。
ベンチで何十分でも電車を待てそう?な、和む感じの駅でした。



oka05.JPG
きょうも途中で鉄を一休み。
久世駅の近くにある旧遷喬尋常小学校へ。
校舎の中も見学できました。きれいに保存されていて感謝。
映画のロケに使われた教室もありました。



oka07.jpg
美作千代駅。
ここは姫新線では最も古い駅舎なのだそう。
新しめのポストがやや不自然な感じがして残念です。
梅花の咲くミニロータリーは、昭和の春の駅の風情。


oka08.JPG
まだ続きます。因美線に入って知和駅へ。
ここはラッチも木のままでした。
余計な小物が無い待合室、この素っ気無さがたまりません。



oka09.JPG
来ました本日のハイライト、美作滝尾駅。
名駅舎といわれるだけあって見事なたたずまい。
大きな桜の木はまだ咲き始めでしたが、手入れされた松の緑が粋。
映画に登場する駅はやはりどこか品があります。
用がなくても訪れる価値ありの駅舎でした。



oka10.JPG
この日は東津山にあるレトロ銭湯で締めました。
武蔵湯。このあたりの銭湯は情報が少なくて困ります。
営業してくれていてよかった。浴室も涙ものの渋さでした。


津山の名物ホルモンうどんを食し、二日目終了。



<つづく>

nice!(0)  コメント(0) 

がっつり岡山① [鉄旅(関東以外)]

駅巡りをメインに岡山県をグルッと回ってきました。
数多くある木造駅舎を片っ端から見てしまおうという旅です。


oka1.jpg
まずは伯備線の美袋駅。正面の駅標もとても味のある木製です。
ちょうど黄色い電車が入線。西日本に来たな~と実感が沸いてきました。



oka2.JPG
伯備線を少し外れて、吹屋という地区に行ってみました。
お目当ての一つ、広兼邸。
「八つ墓村」のロケにも使われた巨大な邸宅で、車から見えたときには
そのあまりの大きさに度肝を抜かれました。



oka3.JPG
もうひとつのお目当て、旧吹屋小学校(2012年廃校)。
うれしくなる完璧なたたずまいです。
校舎の中には入れませんでしたが、玄関から覗いたら廊下の床がツルツル。
小学生たちの校舎への愛情が伝わってくるようでした。



oka4.jpg
吹屋の町並み。

まぁ一般的な観光はこれくらいにして、駅巡りに戻りますか~。
ということで岡山県をさらに北上。



oka5.JPG
秘境駅のひとつ、伯備線の布原駅。
山に囲まれた窪地にひっそりとありました。駅前には小川がさらさらと。
一応「サンライズ出雲」の通過駅のはずです。渋いね!サンライズ。



oka6.jpg
初日最後は芸備線の野馳駅。
旧字体、しかも手書きで書かれた駅標がレトロ感をあおります。


途中まともな観光をしつつも、3駅の訪問を達成した初日。
ここで引き返して、新見駅前に宿をとりました。


<つづく>
nice!(0)  コメント(0) 

123系も最後。 ~JR中央西線~ [鉄旅(関東以外)]

JR東日本の中央西線で活躍していた国鉄123系も引退だった。
引退前に乗り鉄&撮り鉄してきた。


123kei1.JPG
まず岡谷の次にあるみどり湖駅で下車。徒歩でかつての信号場を目指した。
同業者数名。トンネルを通過してやってきた。(小野-塩尻間)
元は荷物用だった車両を改造したものらしく独特な風貌。



123kei2.JPG
次は同じ区間の大カーブへ。
みんな同じコースのようで、同業者のあとについて歩く。
一人だったらなかなかたどり着けなかったポイント。ありがたい。
さっきのやつが塩尻から折り返して戻ってきた。



123kei3.JPG
そしてラストはカーブの外側から。
これを撮って歩いて塩尻まで行って今度は乗り鉄してみた。
辰野までの20分、満員の車内を楽しんだ。



123kei5.JPG
夕方に岡谷の銭湯「富士之湯」へ。
浴室は新しくしてあったが、外観は哀愁ただようこの姿。
久々のレトロ銭湯に満足。帰途に着いた。
nice!(0)  コメント(0) 

春の荒川線と赤いこまち。 [鉄旅(関東)]

早くも満開の東京の桜。荒川線に行ってきた。
その前にせっかくなので200系の撮影で気に入った北とぴあも再訪。
スーパーこまちが登場したので見てきた。


komachi1.JPG
王子駅そばの飛鳥山の桜も満開。
下りのスーパーこまち7号。



komachi2.JPG
同上。



komachi3.JPG
そして王子-上中里間の歩道橋から、スーパーこまち15号。
これを撮って荒川線へ。



arakawa1.JPG
飛鳥山駅のホーム。
運よく9000系がきてくれた。



arakawa2.jpg
これも飛鳥山駅そばの歩道橋から。



arakawa3.jpg
ラストは面影橋駅そば。
桜と車両を一緒にうまくおさめる構図がなかなかない。
ここは桜見物の人ですごい混雑。週末はどうなるやら。

nice!(0)  コメント(0) 

ソウルでヴォーリズ。 [文化面]

ソウルの梨花女子大学(イファ ヨジャテハッキョ)。
ヴォーリズの建築があるということで以前から気になっていたのだけど、
このたび友人がこちらの大学の語学学校に通うことになったので、
この機会を利用しない手はない、ということで念願の初訪問です~^^。

DSCN4608.jpg

地下鉄の梨大駅から商店街を歩くこと5分で、梨花女子大の正門に到着。
あれ、女子大の正門というよりコンサート会場の入口みたい?
登校する女子大生たちが、つぎつぎと中に入っていきます。
"EWHA"のロゴの入った黒いスタジャン、かわいいな~。


DSCN4626.jpg

ああ、真正面にあったあった。梨花女子大のシンボルのような「大講堂」。
少し奥の高台から、やさしく迎えてくれました。
うーん、このアーチ型の窓のデザインが、なんともエレガント!


DSCN4619.jpg

・・・と感激しながら右手を見ると、いきなりデデーンと穴が開いている。
わ、すごい、写真では見ていたけれど、実際に見ると迫力あるなー。

この船みたいな地下4階建の建物は、「梨大Campus Complex」。
フランスの建築家ドミニク・ペローの設計だそうです。
(上の画像は正門側ではなく、本館側から撮ったもの)

友人の案内でスロープを下りながら中を覗くと、自習室やジムがあるもよう。
いちばん下の階には、学食、教保文庫、文房具店、スタバなどなど。
学生専用のショッピングモールのようです~。


DSCN4609.jpg

おしゃれすぎる学食でスンドゥプチゲ定食をいただきました。



ランチの後は授業に出る友人と別れて、お目当ての「本館」に向かいます。
本館はちょうどCampus Complexの向こう正面にありました。



DSCN4617.jpg

正門から本館に向かうときは、ちょうどCampus Complexの屋根の部分を
歩いていくことになります。
こぎれいな遊歩道になっていて、眺めもよく、カップルも若干(笑)。


DSCN4613.jpg

や~。これこれ。1935年にヴォーリズの設計で建てられたという本館です。
横に長すぎてカメラに全部おさまらない・・・。
イギリスかどこかの宮殿かと思うような、風格のある建物ですねえ。
ちいさい三角屋根がずらっと並んでいるのが可愛いな~。


DSCN4614.jpg

大講堂と同じように、石積みのでこぼこが、アクセントになっています。
赤レンガの建物も好きだけど、白は白で美しい・・。


DSCN4615.jpg

DSCN4616.jpg

玄関の内扉は、これは梨花の模様かな? アーチ窓の校章が素敵・・・。
建物内には、大学創立者のモニュメントも飾られていました。
歴史と伝統の感じられる、思ったとおりの素敵な建物!


ちょっと不思議なのは、このクラシックな本館のすぐ目の前に、さきほどの
Campus Complexがあるということ・・・。

大講堂、本館以外にも、薬学館や図書館などクラッシックな建物がたくさん
あるわけですが、それらの建物と、モダンな印象のCampus Complexとが、
すばらしくナチュラルに共存しているのがすごいなぁと思いました・・・。

ふむふむ、名門女子大だけのことはある。


nice!(0)  コメント(0) 

169系も最後。 ~しなの鉄道~ [鉄旅(関東以外)]

しなの鉄道の169系(3編成)も来月で引退。
国鉄時代から活躍してきた古い車両だそう。
そのうちの湘南カラー編成を見にいってきた。


shinano1.JPG
まず中軽井沢-軽井沢間。
この直前まで晴れていいお天気だったのに曇ってきた。
おまけに結構速いので慌ててしまった。
せっかくの浅間山が半分・・・



shinano2.JPG
次は乗り鉄して信濃追分駅下車。
同業者のあとをかなり歩いてたどり着いたポイント。



shinano3.JPG
そのまま横にカメラをシフトすると、また浅間山バックで撮れる。
本当に天気が悔やまれる。晴れていたらなあ。



shinano4.JPG
駅まで戻り小諸まで乗り鉄。
小諸に唯一残る銭湯「鶴巻の湯」を訪ねたが、なんとすでに廃業していた。
あまりのショックに写真も撮らず帰途についた。

nice!(0)  コメント(0) 

200系が最後。 [鉄旅(関東)]

200系新幹線もなくなってしまいます。
ついでを利用して3回ほど撮りに行ってきました。


200kei2.jpg
大宮駅ホーム(撮影日1月28日)



200kei3.JPG
北とぴあ(撮影日3月4日)
王子駅のそばにある施設の無料の展望台から。とき308号。
ここは有名な撮影ポイントらしく、数名で並んで撮影。
寝台の通過も撮れるようです。



200kei4.JPG
たにがわ476号。同上。
最新タイプの下りとかぶってしまった。



200kei1.JPG
大宮駅ホーム(撮影日2月8日)
オリジナルカラーにも遭遇できました。


nice!(0)  コメント(0) 

赤川鉄橋。 [文化面]

osaka12.jpg
正式名称は淀川橋梁。
貨物用の鉄橋だけど歩道もあり、地元住民の散歩道のような橋らしい。
JRが新しい線をつくるため、この歩道が秋には閉鎖されるのだと。
せっかくなので渡ってきた。
ひっきりなしに人が行きかう。なくなると困るだろうな。



osaka13.JPG
貨物列車の通過時間もちゃんとネットに出てた。
すぐ横をすごいスピードで走り去っていった。



osaka11.JPG
最寄りの淡路駅(阪急)。
古びたガードがいい感じ。
JRとの乗り換え駅になるようで周辺を再開発しいてた。
この景色もかわってしまうのかな。



osaka14.jpg
北新地のレトロ喫茶「マヅラ」にも寄ってみた。
ガラスばりの内装も圧巻。
コーヒー今どき1杯¥250。広い店内はほぼ満員でした。

nice!(0)  コメント(0) 

183系特急と旧3000系特急。  [鉄旅(関東以外)]

今年もこの時期、各鉄道会社で車両の引退や廃止が行われます。
関西でいくつか見おさめしてきました。


osaka1.jpg
まず183系車両。
JR西日本で特急「こうのとり」や「きのさき」などで運転している車両。
福知山線を走る「こうのとり」を撮影してみました。
三田-道場間。



osaka2.JPG
これも三田-道場間。
本来なら青空の下で田園風景とともに撮影したかったのですが、
あいにくこの日午前中はずっと曇りでした。



osaka3.jpg
これは大阪駅ホームから。
新大阪からやってきた下りがまさに駅に到着するところ。
間近で見られて感激。出発を見送りました。



osaka4.JPG
京阪の旧3000系特急ももうすぐ引退。
撮り鉄しにいく時間はなかったので、駅でお手軽撮影。
たくさんの同業者とともに淀屋橋駅のホームで見送った。



osaka5.JPG
そういえば去年富山地方鉄道で何度か遭遇したなあ。
大井川鉄道でも走っているそうで、これもどこかの地方鉄道で
また活躍するかも。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。