So-net無料ブログ作成

湯は別府② [名水名湯]

2日目。予報がかわって朝から雨・・・
めげずに湯巡りへ出発。


bep91.jpg
まずは別府のシンボル的な市営温泉「竹瓦温泉」。
名物の砂湯も堪能。広いロビーも居心地抜群。
もちろん写真が撮れないのが惜しいくらいに素晴らしい湯船でした。



bep92.jpg
商店街をうろついてから電車で浜脇温泉エリアへ向かいます。
別府からひと駅、東別府下車。
駅前の「東町温泉」。


bep93.jpg
地下にある浴室にはかわいらしい湯船が。
駅前なのできっと待ち合わせにも使えるねぇ! うらやましい限り。



bep94.jpg
別府駅まで戻って3つ目は「春日温泉」。
小さな小窓から¥100を払って中へ。お、ここも誰もいないぞ。


bep99.jpg
ここも渋いなぁ。おまけに温度もちょうどいい。極楽・・・


bep95.jpg
さあ昼食をはさんで午後の部スタート。
これまた素晴らしく渋い路地の奥にある「梅園温泉」。


bep98.jpg
ちょうど地元の方が出てきたのでまた独占状態でした。
楕円形の湯船にタイルの床。素晴らしい。


次はバスでちょっと山のほうへ。明礬温泉エリアへ行ってみます。


bep991.jpg
無料の「鶴寿泉」。このエリアのお湯は濁っていると聞いていましたが本当だ。
濁り湯好きとしてはわざわざ来る価値あり。
このあと「豊前屋旅館」のお風呂にもお邪魔させていただきました。



bep96.jpg
おやつタイム。絶品の「地獄蒸しプリン」を岡本屋にていただきます。
湯上がりにプリン・・・うーん幸せ。


bep992.jpg
別府駅に戻り再び乗り鉄してひとつ駅を見学。
木造駅舎が残っている「豊後豊岡駅」です。
ホームからは別府湾もぐるりと望めて、いい感じでした。


いや~、もりたくさんの別府探検、じつに楽しかった!
泊った宿を入れると11個のお風呂に入れました。
ひとつ楽しみにしていた「薬師温泉」が閉鎖されており残念でしたが、
まだあと20個くらいよさそうな共同浴場があるぞ。また来ねば・・・!



nice!(0)  コメント(0) 

湯は別府① [名水名湯]

行くなら今でしょジェットスターでしょ、と飛び立ったのは別府温泉。

別府にはものすごい数の共同浴場があり、レトロなものもたくさん残っています。
そのほとんどが¥100。さあ二日間でいくつ入れるかな!

一日目、まあまあのお天気。JR別府駅で電動自転車を借りて出発。


bep1.jpg
途中名物の別府冷麺を食し、最初に訪れたのは「谷の湯」。
半分地下にあるようなコンクリートの建物がかなり渋い。

bep2.jpg
うわぁ、これはいい。
ちょうど誰も入ってなかったので独占状態。
お湯もちょっとヌルッとしており素晴らしい~~。



bep9.jpg
次は同じ鉄輪エリアにある「砂原温泉」。
手書きで殴り書きされた「男湯」がいい味を出しています。

bep10.jpg
ここもそうですが、別府の共同湯はシャワー無しが基本。



bep3.jpg
ここでちょっと湯冷まし。せっかく別府に来たので地獄見物へ。
8つあるうちの「海地獄」へ行ってみました。
新緑の中に勢いよく湧きでているお湯の、なんときれいなこと。
地獄めぐり、なめてました・・・すみません。



bep8.jpg
鉄輪エリアの湯けむり~~w



bep4.jpg
3つ目。「四の湯温泉」。
亀川地区にあります。ここでは地元の方数名と一緒に入浴。
おやっ、ここは浴室がタイルで埋め尽くされていて、天井も高い。
公民館のような外観といい、ここは他とはちょっと違う明るい雰囲気でした。
(浴室の写真は撮れず。)



bep5.jpg
この日最後は「市の原温泉」。
住宅街の坂道の途中に突然あらわれる小屋のような建物。
「おたふくわた」の看板が渋いです。


bep6.jpg
で、浴室がまた素晴らしい。
澄んだお湯に石。完璧なコンビに至福の時間。いいねぇ。



bep7.jpg
宿に落ち着いて夕食後はすぐそばにある別府タワーへ。
別府タワーは東京タワーより年一つ先輩w。
昭和感たっぷりの見事なタワーでした。


《つづく》




nice!(0)  コメント(0) 

わたらせ渓谷鐵道から銭湯へ。 [鉄旅(関東)]

かなり久々のわ鐵。はじめて乗り鉄して行ってみました。
出発から約2時間半、ようやく本宿駅到着。


wa1.JPG
駅に着いてから1時間20分後、折り返しの上りが戻ってきました。
道路脇から本宿駅を見下ろす感じで。



wa2.JPG
さらに待つこと30分、今度は下りが到着します。
本宿駅ホームから。



wa3.JPG
歩いて隣の上神梅駅へ。
駅近くの道路から上りを撮影。



wa4.JPG
上神梅駅ホームから。
本宿もここもまわりに何もないので時間をつぶすのがたいへん。
ようやくやってきた次の上りで大間々へ戻ります。



wa5.JPG
大間々駅そばのレトロ銭湯「千代の湯」へ。
相客なしの独占状態でゆっくり入浴。
よく歩いたので気持ちいいお風呂でした。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。