So-net無料ブログ作成

信濃竹原駅と銭湯。 [鉄旅(関東以外)]

せっかく長野県まで来たのでついでに2つ。


nagano1.JPG
長野電鉄の「信濃竹原駅」。
残念ながら待合室には入ることができませんでしたが、
木造の駅舎がきれいな状態で残っているのです。



nagano2.JPG
ホームには板張りの部分も残っていました。
1本電車がやってきたのですが乗り降りする人はいません。
なんて静かなのでしょう。



nagano3.JPG
そして最後はお風呂。
東京に帰る前に上田駅近くの「柳の湯」へ。
川沿いの路地にゆるりとたたずむ渋い外観。
やっててよかった。ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

雲遊ぶ白馬。 [遊山遊滝]

☆DAY2☆ 白馬の八方尾根

ゴンドラ八方駅→八方池山荘→八方ケルン→八方池→八方ケルン→八方池山荘→八方駅


hakuba1.JPG
さあきょうは八方尾根歩き。
ゴンドラとリフトを乗り継いで八方池山荘へ向かいます。

学生の頃スキーに来て以来の八方尾根リフト。
地面からの高さがあまり無いので、自分の足が花にぶつかりそう・・・。
お花畑を舞うチョウになったような気分です。



hakuba2.JPG
リフト終点、標高1830mの八方池山荘に着いたら、あたりはガスだらけ。
うー、下界は少し晴れ間も見えていたのに、上はやっぱり天気悪いのかな・・・

それでも土曜のきょうは登山者が次々にリフトで上がってきます。
私たちも皆につられるように登山開始。



hakuba3.JPG
大渋滞の木道コースを登りきり、少し開けた場所まで来ました。
すると、なんということでしょう~、
上空のガスがスーッと消えていくではありませんか!!

もうひとつ先のケルンの辺りには青空も見えてきました。
晴れてるうちにもっと上まで行きたいけど、前がつかえぎみ・・・。
でも、写真を撮っては進み、また止まってパシャ、の楽しい山歩き~。



hakuba10.jpg
八方ケルンは顔のかたちをしたケルンでした。可愛い!!



hakuba4.JPG
八方ケルンから数分で、八方池に着きました。

標高2060mのところに、こんなに美しい池・・・。まさしく山上の楽園。
日本列島のなかで、いちばん爽やかになれるのは、おそらくここ・・・。
時間が止まっているのではないかと思うほど、清らかな場所です。



hakuba9.JPG
雲が切れて、眼前に白馬三山が見えてきました。

しばし心のお洗濯~~。
そのあと、持ってきたお団子を食べましたww



hakuba6.JPG
池のほとりにはお花畑。
白馬三山は完全には見えなかったけれど、雲がそよそよと流れて。
いつまでも見飽きません~~



hakuba7.JPG
チングルマ

hakuba8.JPG
コオニユリ



当初は八方池からさらに先の唐松岳まで登る計画だったのですが、
ちょうどゴンドラを降りたときに雨が降ってきたので、
やはりきょうの登頂はあきらめてよかったようです。


いつか登る日への予習もできたし、思ったより天気もよかったし、
二日間の山歩き、とても楽しい時間でした。
山の神様ありがとう☆



nice!(0)  コメント(0) 

山滴る志賀。 [遊山遊滝]

春の山歩きができないうちに、夏山シーズン到来(#▽#)
がっつり北アルプス!といきたいところでしたが、お天気不安定のため、
長野のメジャーコースを2つ歩くことに。



☆DAY1☆ 志賀高原の志賀山

硯川前山リフト→渋池→志賀山分岐→志賀山→裏志賀山→四十八池→硯川前山リフト



shiga1.JPG
夏の志賀高原はなにげに初めて。見え隠れする青空を頼りに出発です。



shiga2.JPG
もうすぐ志賀山の分岐。
ここからはごろごろ岩だらけの道・・・、思ったよりきつい登り道でした。



shiga3.JPG
志賀山の山頂はあまり開けておらず、眺望もいまいちなので、
パンを食べて早々に退散。
少し下ったところから、四十八池が俯瞰できました。魅惑の木道w



shiga4.JPG
続いて裏志賀山へ。
このへんの森の景色はまさに緑の絨毯という感じでした。
裏志賀山のごほうびはこの大沼池。コバルトブルーのなんと綺麗なこと・・・!!



shiga5.JPG
紅葉の頃もいいかもね~と話をしながら、四十八池まで下ってきました。
高山植物は見ごろを過ぎていましたが、雰囲気のいい湿原ですよ。



shiga6.JPG
魅惑の木道もほぼ独り占め。ゴールまでもう一息。



shiga7.JPG
行きにも通った渋池。ワタスゲが少し残っていました。
ここも紅葉よさそう・・・。


リフトの周辺はニッコウキスゲもちらほら咲いていました。
季節ごとにまったく異なる姿を見せてくれる志賀高原。ほんとにいい所だなぁ~



《DAY2につづく・・・》
nice!(0)  コメント(0) 

大井川鉄道から銭湯へ。 [鉄旅(関東以外)]

2度目の大井川鉄道は駅舎巡りを中心に。
まずは金谷から青部駅を目指しました。


oi2.JPG
うわぁ、予想以上に素晴らしい駅。
ホームから見た金谷方面。これだけで絵になるなあ。



oi1.JPG
駅舎ももちろん素晴らしい。
次の上りで引き返すまで1時間、あっという間でした。



oi3.JPG
やってきた上りの車両。これで抜里駅まで戻ります。
いたるところに茶畑がありました。



oi4.JPG
抜里駅で乗ってきた車両を見送る。
楽しみにしていた駅舎は観光化されていていまいちでした。



oi5.JPG
そして五和駅。



oi6.JPG
恒例のお風呂は静岡駅に出てバスで「天神湯」へ。
東京にはない洋風建築の外観。いいなあ。
相客もおらずのんびりと汗を流しました。


nice!(0)  コメント(0) 

豊橋の銭湯をハシゴ。 [文化面]

愛知県豊橋で銭湯巡りを楽しみました。
最初、豊橋鉄道の柳生橋という古い駅を見学して2つハシゴする
計画だったのですが、なんと古い駅舎がなくなっている・・・うかつでした。
ずっと見たいと思っていたのであらためて現状を調べなかったのがいけなかった。
結局豊橋に5つあるお風呂屋のうち3件ハシゴしてうっぷんを晴らしたのです。


toyo1.JPG
まず「菊乃湯」。
こぎれいで好感の持てる外観。もちろん内部もすばらしい。



toyo2.JPG
猛暑の中、歩いて次の「人参湯」へ。
洋風の外観が目を引きます。ここは地元の方で大賑わいでした。



toyo4.JPG
連続3つのお風呂は危険なのでちょっと休憩。
豊橋には路面電車も走っているのです。乗り鉄&撮り鉄してみました。
ここ前畑-東田坂上間は古い石畳が残っている坂道でした。



toyo3.JPG
で、また乗り鉄して市役所のあたりで下車。
最後は「石巻湯」。
今回はここが一番レトロでした。浴槽の形も変わっていて興味深い。

さて明日は大井川鉄道へ。
nice!(0)  コメント(0) 

埼玉の渋い銭湯① [文化面]

お隣なのにかなり渋い銭湯が残っている埼玉。
時間が空いたらちょくちょく行ってます。



fukaya1.jpg
姫の湯(深谷駅)
くすんだモルタルの壁が郷愁を誘います。
ここは個人的にこれまでで最も渋い銭湯かも。
浴場も脱衣場もかなり古く素晴らしかった。



saitama1.jpg
巴湯(東武動物公園駅)
ここもまず外観に涙。
相客もおらずひとりで満喫。内部も撮影させてもらえました。
すぐそばにある「弥生湯」とハシゴしようと思っていたのですが、
弥生湯は長期休業中・・・。



saitama2.jpg
八潮浴場(草加駅)
車でららぽーとへ行った帰りに寄ってみました。
住宅街にあり、なかなかのにぎわいでした。
隣の飲み屋もレトロでよさげ。

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。